> 魚雷さん
 荻原魚雷「活字と自活」からは、フリーライターの辛さがにじみ出ている。
 著者が古本の中に、先人の悩み、生き方をみて共感し、救われているように、同じフリーランスという立場で、この本から教えられることは多い。
 荻原氏の名前を初めて知ったのは、神保町で見つけた「古本暮らし」だった。林哲夫氏の奥行きのある絵に、間村俊一氏の柔らかい装丁の本で、扉の隅に著者のサインがあった。自信なげに小さく記された文字を見て、この人は女性だと思い込んでしまった。本の半ば、奥さんが登場するまでは。
 上製本の「古本暮らし」より、並製で、どことなくフリーペーパーの匂いがする組み方の「活字と自活」の方が、荻原氏の文章には合っているかもしれない。
[PR]
by robinsonfactory | 2011-04-04 22:48 | | Comments(0)

フリーランスのデザイナー 仕事の合間
by robinsonfactory
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> タグ
> ブログパーツ
> 最新の記事
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧