> ぼくの伯父さんの休暇(本)
 「ぼくの伯父さんの休暇」(リブロポート)を近所の古書店で買ったのは1か月前のこと。箱入りの本で、中から出すと、一瞬フランス語の本かと見間違うような表紙。装丁は茂木隆行氏。
 ほぼ毎ぺージに挿絵が入っている。ピエール・エテックスのこの絵を見ているだけでも楽しい。
 アマゾンで調べると、この本の後にアノニマスタジオから、青と白のたてストライプの表紙のものが作られたことがわかった。さらに中公文庫からも出ている。
 そしてこの本は、映画「ぼくの伯父さんの休暇」のノベライズだということを知った。
 映画の感想をネットで見てみると、なんだかとってもおもしろそうだ。それならば、本を読む前に映画を見るべきだろう。
 DVDを探す。
 新品14800円。
 高い。
 中古でも6000円くらいからだ。
 高いな。
 どうしようか。
[PR]
by robinsonfactory | 2011-11-10 12:32 | | Comments(0)

フリーランスのデザイナー 仕事の合間
by robinsonfactory
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
橋の上の天使
at 2018-11-02 19:05
日が沈むのを
at 2018-10-23 18:56
旅路
at 2018-10-13 22:38
接触
at 2018-10-01 22:33
誰もいないホテルで
at 2018-09-21 18:32
> 外部リンク
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧