> 「幸せへのキセキ」と「ミスター・ミー」
 映画「幸せへのキセキ」の中で、マット・デイモンが演じるベンジャミン・ミーのミー(Mee)という名前は、さほど珍しいものではないらしい。
 最近読み終えた小説「ミスター・ミー」(アンドルー・クルミー著)も同じMeeで、これはMeを変化させて、おかしなニュアンスを加えたものだと思っていた。日本人の姓でいえば「私さん」みたいなもので、いないことはないかもしれないが、馴染みのない名前のようなものだろうと。
 「私さん」であれば、常識からずれている言動をとっても納得できる。なんといっても「私さん」なのだから。
 しかし、それが実は「松本さん」くらい普通の名前だとすると、それまで読んできた小説の世界が、勝手な思い込みで構築されていたのではなかったのかと、修正を迫られる気がする。
 とはいっても、間違った読み方ができるのも、小説として魅力があることの証明でもあるだろうから、気にしない。
 表紙に描かれた老人の、惚けた表情が、コミカルなストーリーを期待させる。
 装画は古村燿子氏。装丁は本山木犀氏。
[PR]
by robinsonfactory | 2012-07-03 22:08 | | Comments(0)

フリーランスのデザイナー 仕事の合間
by robinsonfactory
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧