> ミルクから逃げろ!
 附録は、楽しい。
 「ミルクから逃げろ!」(マーティン・ミラー著)には、表紙で使っている牛乳瓶のイラストと同じ形の、小さな栞がついている。
 栞だから、附録とはいえず、おまけと呼ぶのもそぐわない。
 でも。
 本から離して、机の上にぽつりと置いてみる。
 なんだ、これは。
 遠くから見ても目を惹くシンプルなデザイン。
 これは立派な附録ではないか。
 本そのものの作りは、新書よりひとまわり大きく、嵩のある紙で25ミリほどの厚さにしてある。手に取ったときの雰囲気がいい。
 ストーリーは、意外にもすっきりまとまっていて、もっと奇抜な話かと身構えたところをスルリとかわす。装丁がスラリとしているのは、このためか。
 巻末の著者プロフィールは、翻訳者が送ってきたFAXをそのまま使っているようで、なんでだろう、時間がなかったのかと考えてみるが結論は出ない。
 装丁は内藤裕之氏。
[PR]
by robinsonfactory | 2013-04-23 18:26 | | Comments(0)

フリーランスのデザイナー 仕事の合間
by robinsonfactory
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧