> インパラの朝
 本棚の中で4年眠っていた本は、開くと、紙の四囲がうっすら黄色に変色していた。
 もともと経年変化が顕著な紙だろうから、版元はこうなることを想定していただろう。
 やや古くさくなったように見える本文用紙は、著者の2年間に及ぶ旅の疲れや汚れを象徴しているようにも見える。
 しかし、表紙は変色することなく、写真の真ん中に配置されたまっ白な明朝のタイトル、まっ白な角背の中央にスミ文字と、極めて凛々しい。著者の真っすぐな姿勢と重なってくる。
 「インパラの朝」(中村安希著)。
 装丁は鈴木成一デザイン室。
[PR]
by robinsonfactory | 2014-03-18 19:54 | | Comments(0)

フリーランスのデザイナー 仕事の合間
by robinsonfactory
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
北氷洋
at 2018-12-05 17:06
橋の上の天使
at 2018-11-02 19:05
日が沈むのを
at 2018-10-23 18:56
旅路
at 2018-10-13 22:38
接触
at 2018-10-01 22:33
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧