> 古書修復の愉しみ

 所有している本が、白い紙のまま、何十年も同じ状態を保ち続けるとは思っていない。学生時代に読んでいた本のほとんどは、すでに変色して、古書店に持って行っても値がつきそうにない。

 とはいえ、捨てるには忍びない、なんとなく手元におきたい本もある。ちょっとした思い入れのためだ。


 「古書修復の愉しみ」(アニー・トレメル・ウィルコックス著)は、書籍修復家に弟子入りした女性の話。

 作業は、細かく丁寧で神経を使う様子。だが、写真やイラストなどの説明がないので、本当に理解して読めているかは疑わしい。

 そんな折り、たまたまテレビで、水道橋にある製本工房リーブルが、本の修復を行うところを見た。

 ぼろぼろの辞書、1ページ1ページを、アイロンをかけて平らにし、和紙をちぎって足りない部分をつけ足していく。アニー・トレメル・ウィルコックスの作業とは違うようだが、根気のいる仕事には違いない。

 

 修復が必要なほどヨレヨレになった愛読書は持っていないけれど、こうして直してもらったりすると、一生大事にしそうだ。それは読むためというより、ただ触り、眺めるだけの物としての本になってしまうのかもしれない。何十年も捨てられない本は、すでにそういった存在なのだろう。


[PR]
by robinsonfactory | 2015-08-01 23:21 | | Comments(0)

フリーランスのデザイナー 仕事の合間
by robinsonfactory
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧