> 剃髪式

『剃髪式』(ボフミル・フラバル)

 石油ランプの丁寧な描写が続き、このままビール醸造所の静かな生活が描かれていくのだろう、穏やかな気持ちにさせる小説。と思っていたら、とんでもなかった。

 これどこまで本当? 小説に向けてする質問ではないが、はじけすぎて想像が追いつかない。だんだん馴れてくると、いくらか余裕を持って楽しめるけれど、さらに上をいく出来事が。

 150ページほどの薄い本のなか、何度も気持ちが動かされる。最後は、これで終わってしまうのか、やっとわかってきたところなのに。ちょっと心残りなので、もう一度最初から読み直してみる。

 幸いなことに、フラバルの本は、ほかにも新刊で手に入りそうだ。


[PR]
by robinsonfactory | 2018-02-08 19:43 | Comments(0)

フリーランスのデザイナー 仕事の合間
by robinsonfactory
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> タグ
> ブログパーツ
> 最新の記事
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧