> そしてミランダを殺す

『そしてミランダを殺す』(ピーター・スワンソン)

 はじめのうち、凡庸な小説だと思ってしまった。しかし、読み進めるうち、それは徐々に変わっていき、やがて決定的に何か違うものだと知る。その後は「この展開、予想できるはずがない!」という帯のコピーを実感していた。

 章ごとに、違う人物のモノローグが続く。同じできごとが、異なる姿を見せる。その度に、語る人物に気持ちがすっと入っていく。

 人殺しの話だけど、それが悪に思えない。不思議な魔術にかかってしまった。

 

 カバーのタイトル文字は、ちょっと変わった組み方をしている。文字と文字を縦横に結ぶ細い線は、登場人物たちの関係を暗示しているのか。いや、関係ないかな。


 カバーデザインは鈴木久美氏。


[PR]
by robinsonfactory | 2018-05-11 20:07 | | Comments(0)

フリーランスのデザイナー 仕事の合間
by robinsonfactory
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
北氷洋
at 2018-12-05 17:06
橋の上の天使
at 2018-11-02 19:05
日が沈むのを
at 2018-10-23 18:56
旅路
at 2018-10-13 22:38
接触
at 2018-10-01 22:33
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧