> 地下鉄道

『地下鉄道』(コルソン・ホワイトヘッド)

 最初に見たのは、雑誌の記事。著者のインタビューとともに、本の写真が掲載されていた。まだ翻訳本が出る前だったと思う。オリジナルの英語の本は、鮮やかで、とても印象的な表紙だった。

 それから間もなく、書店でほぼ同じデザインの翻訳本を見つけた。

 布に印刷したようなムラのある朱色。白で縁取りされたトンネルの中に線路が描かれている。タイトルから地下鉄だとわかるが、どこにも車両はない。迷路のように見える線路の途中に、逃げる黒人女性のイラスト。離れた場所にマスケット銃を抱えた男。トンネルの先端にスコップ。これだけで物語のアウトラインが見える。

 奴隷制という残酷な史実に、大胆な空想を織り交ぜた、ハラハラする娯楽小説。人種問題がからんでくると、単純に楽しんでいいのかと踏みとどまる気持ちがよぎるが、深く考えずに小説の世界に浸った方がいいのだろう。表紙を眺めていると、ボードゲームに見えてくるし、ストーリーには「ふりだしに戻る」ような展開もあるのだから。

 オリジナルのデザインはOliver Munday。


[PR]
by robinsonfactory | 2018-06-06 18:40 | Comments(0)

フリーランスのデザイナー 仕事の合間
by robinsonfactory
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
旅路
at 2018-10-13 22:38
接触
at 2018-10-01 22:33
誰もいないホテルで
at 2018-09-21 18:32
ブッチャーズ・クロッシング
at 2018-09-09 10:58
ジム・トンプスン
at 2018-08-14 18:32
> 外部リンク
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧