> アイリーンはもういない

『アイリーンはもういない』(オテッサ・モシュフェグ)

 愛される人がいる。泣いても怒っても、失敗しても許されてしまう人。

 一方で、誰からも気にされない人もいる。たぶん、こっちの方が多い。


 アイリーンは気にされない。いてもいなくてもわからない。

 本人はそう思っている。

 そんな彼女の前に、愛される同僚が現れる。奇妙なことに、アイリーンを気にかける。

 

 悪意に満ちた世界。

 アイリーンはそう感じている。だから、読んでいて気が抜けない。同僚の真意はなんだろう。


 老齢になったアイリーンが、若いときのことを語る形になっている。

 その年まで、彼女は無事なのだ。

 さまざな経験を重ね、冷静に若い自分を見つめている。

 でも、どうやって嫌悪している自分から抜け出したのだろう。


 肝心なところは語られない。

 いまいる場所から逃げ出せば、すべてが一新されると言っているようにも読める。 

 どこにいても、自分自身が変わらなければ、周りも変わらない。

 年をとる過程で、アイリーンはそのことに気づいたのだろうか。


[PR]
by robinsonfactory | 2018-06-15 18:44 | Comments(0)

フリーランスのデザイナー 仕事の合間
by robinsonfactory
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
ジム・トンプスン
at 2018-08-14 18:32
いとしの印刷ボーイズ
at 2018-08-09 16:14
モンテレッジォ 小さな村の旅..
at 2018-07-20 17:13
アイリーンはもういない
at 2018-06-15 18:44
地下鉄道
at 2018-06-06 18:40
> 外部リンク
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧