> モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語

『モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語』(内田洋子)

 本の天近くまで覆う大きな帯。タイトル、著者名、紹介文、必要な情報がすべて入っている。

 外して気づく。これは帯ではない。少し小さいカバーだ。

 上にわずかに見えていた緑は、フランス装の表紙に印刷された山の写真。カバーをすべて取ると、密生する木々の間に、突如街が現れた。


 「旅する本屋」とは、本の行商をしていた人たちのこと。イタリア、ヴェネツィアの古書店で、その存在を知った著者は、案内を請い山奥のモンテレッジォへ向かう。そこは住む人が少なくなり、時が止まったような村。かつては71人が本売りを職業とし、イタリアの各地へ本を運んでいたという。

 本を待つ大勢の人がいた時代。

 著者といっしょになって、少しずつ行商の背景を明らかにしていくドキドキ感がある。でもきっと、本が好きな人にしか伝わらない世界なのだろう。本好きというのは、いまや希少な人種なのだろうから。


[PR]
by robinsonfactory | 2018-07-20 17:13 | | Comments(0)

フリーランスのデザイナー 仕事の合間
by robinsonfactory
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
北氷洋
at 2018-12-05 17:06
橋の上の天使
at 2018-11-02 19:05
日が沈むのを
at 2018-10-23 18:56
旅路
at 2018-10-13 22:38
接触
at 2018-10-01 22:33
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧