カテゴリ:未分類( 51 )
ブッチャーズ・クロッシング

『ブッチャーズ・クロッシング』(ジョン・ウィリアムズ)


 この本を読んだ人たちが集まり、感想を話し合ったとする。

 好きな箇所、嫌いな場面、疑問に感じるところ、それぞれが思うことをあげていくと、いつの間にか小説全体が語られてしまう。

 そんな小説ではないだろうか。

 駅馬車、埃っぽい町、アンドリューズの成長、武骨なミラー、残酷で過酷な経験。心に残るシーンは多い。

 小さなことに、命が吹き込まれているからだ。丁寧に積み重ねていくと、やがてとても大きな波となり、忘れられない読書となる。



[PR]
by robinsonfactory | 2018-09-09 10:58 | Comments(0)
ジム・トンプスン

 文遊社から出ているジム・トンプスンの本が、『犯罪者』で4冊目になりました。

 それまで銀色を基調にしていたカバーが、今回は黒。何かの節目のように見えます。

 紙が微妙に変わったり、書体が少し違っていたりしますが、全体のトーンは似ています。天地50ミリの細い帯はすべて銀色で、背の「本邦初訳」は一緒。

 4冊を並べてみると、あれ、帯の文字がずれている。「本邦初訳」がすべて右側に寄っているのです。

 その理由はすぐにわかります。

 背には、日本語タイトルと英語のタイトルが並んで入っています。その両方の文字の幅全体が、背の中央にくるように配置してあります。そのため、日本語タイトルはやや右に寄っていて、帯の「本邦初訳」は日本語に合わせているからです。

 帯を取るとどうなるかというと、キャッチコピーの「本邦初訳」はなくなり、社名の文遊社が縦に入っているだけで、これも右に寄っています。

 これは仕方がないのでしょうか。

 文遊社が横組だったら、背の中央に配置できたでしょう。もしかしたら縦組という決まりなのかもしれません。そこでジム・トンプスン以外の本を調べると、やはり背文字の文遊社は縦組でした。

 とても細かく、どうでもいいことです。

 それとも、細かいところが気になるように、あえてずらして配置した策略なのでしょうか。


[PR]
by robinsonfactory | 2018-08-14 18:32 | Comments(0)
いとしの印刷ボーイズ

『いとしの印刷ボーイズ』(奈良裕己)

 漫画です。

 勉強になることがたくさんあります。


 フリーになる前、月刊誌を作っていたときは、毎月、出張校正で印刷会社へお邪魔をしました。

 従業員の休憩室として使っている部屋で、校正紙が出るのを待っていると、たまたまそこに居合わせた人が、気を遣ってお茶を入れ替えてくれました。

 先方の仕事を急かすのに、こちらの作業は待ってもらう。仕事だからしかたがないとはいえ、迷惑だったでしょう。それだけに、お客様として丁重にもてなされるのを申し訳なく思っていました。でもさらに申し訳なかったのは、その段階になってなお、修正をたくさん入れてしまうことでした。

 「ええ、こんなに。勘弁してくださいよ」営業の人の顔が忘れられません。


 そんな昔のことを思い出す、印刷会社を舞台にした漫画。

 たぶん、いまとてもお世話になっているのは、現場のDTPオペレーターの方々です。直接のやりとりは基本的にはありません。

 ぼくが送ったデータをチェックして、問題があれば直して出力してくれています。後でそのことに気づくこともあるし、まったく気づいていないミスも、きっとたくさんあるはずです。

 ありがとうございます。

 そんな感謝の気持ちが溢れ出す、印刷会社を舞台にした漫画。


[PR]
by robinsonfactory | 2018-08-09 16:14 | Comments(0)
モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語

『モンテレッジォ 小さな村の旅する本屋の物語』(内田洋子)

 本の天近くまで覆う大きな帯。タイトル、著者名、紹介文、必要な情報がすべて入っている。

 外して気づく。これは帯ではない。少し小さいカバーだ。

 上にわずかに見えていた緑は、フランス装の表紙に印刷された山の写真。カバーをすべて取ると、密生する木々の間に、突如街が現れた。


 「旅する本屋」とは、本の行商をしていた人たちのこと。イタリア、ヴェネツィアの古書店で、その存在を知った著者は、案内を請い山奥のモンテレッジォへ向かう。そこは住む人が少なくなり、時が止まったような村。かつては71人が本売りを職業とし、イタリアの各地へ本を運んでいたという。

 本を待つ大勢の人がいた時代。

 著者といっしょになって、少しずつ行商の背景を明らかにしていくドキドキ感がある。でもきっと、本が好きな人にしか伝わらない世界なのだろう。本好きというのは、いまや希少な人種なのだろうから。


[PR]
by robinsonfactory | 2018-07-20 17:13 | Comments(0)
アイリーンはもういない

『アイリーンはもういない』(オテッサ・モシュフェグ)

 愛される人がいる。泣いても怒っても、失敗しても許されてしまう人。

 一方で、誰からも気にされない人もいる。たぶん、こっちの方が多い。


 アイリーンは気にされない。いてもいなくてもわからない。

 本人はそう思っている。

 そんな彼女の前に、愛される同僚が現れる。奇妙なことに、アイリーンを気にかける。

 

 悪意に満ちた世界。

 アイリーンはそう感じている。だから、読んでいて気が抜けない。同僚の真意はなんだろう。


 老齢になったアイリーンが、若いときのことを語る形になっている。

 その年まで、彼女は無事なのだ。

 さまざな経験を重ね、冷静に若い自分を見つめている。

 でも、どうやって嫌悪している自分から抜け出したのだろう。


 肝心なところは語られない。

 いまいる場所から逃げ出せば、すべてが一新されると言っているようにも読める。 

 どこにいても、自分自身が変わらなければ、周りも変わらない。

 年をとる過程で、アイリーンはそのことに気づいたのだろうか。


[PR]
by robinsonfactory | 2018-06-15 18:44 | Comments(0)
地下鉄道

『地下鉄道』(コルソン・ホワイトヘッド)

 最初に見たのは、雑誌の記事。著者のインタビューとともに、本の写真が掲載されていた。まだ翻訳本が出る前だったと思う。オリジナルの英語の本は、鮮やかで、とても印象的な表紙だった。

 それから間もなく、書店でほぼ同じデザインの翻訳本を見つけた。

 布に印刷したようなムラのある朱色。白で縁取りされたトンネルの中に線路が描かれている。タイトルから地下鉄だとわかるが、どこにも車両はない。迷路のように見える線路の途中に、逃げる黒人女性のイラスト。離れた場所にマスケット銃を抱えた男。トンネルの先端にスコップ。これだけで物語のアウトラインが見える。

 奴隷制という残酷な史実に、大胆な空想を織り交ぜた、ハラハラする娯楽小説。人種問題がからんでくると、単純に楽しんでいいのかと踏みとどまる気持ちがよぎるが、深く考えずに小説の世界に浸った方がいいのだろう。表紙を眺めていると、ボードゲームに見えてくるし、ストーリーには「ふりだしに戻る」ような展開もあるのだから。

 オリジナルのデザインはOliver Munday。


[PR]
by robinsonfactory | 2018-06-06 18:40 | Comments(0)
ヤングスキンズ

『ヤングスキンズ』(コリン・バレット)

 なぜこのカバーイラストの本を手に取ったのか覚えていない。好みとは違うなと思いながら、レジに持っていったのは覚えている。

 7つの短編、アイルランドの地方都市に生きる若者の話。

 ちょっと暴力の匂いがしたり、本当に暴力をふるったり、心を傷つけるものだったり。どこにも行けない閉塞感が漂っている。その中に、ときおり繊細さが顔を出す。著者自身の気持ちが自然と溢れたのか、それとも巧妙に計算されているのか。いずれにしても、忘れがたい世界に変わりはない。

 カバーは、ヤングアダルトに届くイラストなのかもしれないが、間口を狭くしていないかと心配になる。


[PR]
by robinsonfactory | 2018-05-17 22:22 | Comments(0)
そしてミランダを殺す

『そしてミランダを殺す』(ピーター・スワンソン)

 はじめのうち、凡庸な小説だと思ってしまった。しかし、読み進めるうち、それは徐々に変わっていき、やがて決定的に何か違うものだと知る。その後は「この展開、予想できるはずがない!」という帯のコピーを実感していた。

 章ごとに、違う人物のモノローグが続く。同じできごとが、異なる姿を見せる。その度に、語る人物に気持ちがすっと入っていく。

 人殺しの話だけど、それが悪に思えない。不思議な魔術にかかってしまった。

 

 カバーのタイトル文字は、ちょっと変わった組み方をしている。文字と文字を縦横に結ぶ細い線は、登場人物たちの関係を暗示しているのか。いや、関係ないかな。


 カバーデザインは鈴木久美氏。


[PR]
by robinsonfactory | 2018-05-11 20:07 | Comments(0)
外の世界

『外の世界』(ホルヘ・フランコ)

 なんともとらえどころのない小説、という印象。

 カバーに使われているルネ・マグリットの「深淵の花」にしても、細部から全体まで不思議さに満ちていて、いろいろ想像していくと、とりとめなくなってしまう。曖昧なまま落ち着かないので、誰かに解釈を頼みたくなる。そんな読後感。

 いくつかの時代をバラバラに語っているが、混乱はなく、ストレスも感じない。退屈を感じる隙もない。

 でも、誰の気持ちも、うまく理解できない。薄いフィルターを通して見ているようで、はっきりしない。とらえどころのなさは、きっとここにある。

 遠くで叫んでいる姿が見えるのに、声が聞こえない。読み取れない自分がもどかしい。


[PR]
by robinsonfactory | 2018-04-27 17:43 | Comments(0)
蔵書一代

『蔵書一代』(紀田順一郎)

 昭和の初期に造られたと思われる、木製の書棚を所有している。古道具屋で購入したもので、棚を固定するための楔がアクセントになっていて、壁際にポツンとあるだけで、部屋の印象が引き締まる。

 この本棚が最初に置かれた場所は、きっと和室の畳の上だろう。腰高の小さなものなので、四畳半かもしれない。隣には文机が似合う。

 4段すべてに本を詰めても、100冊程度しか収納できない。たった100冊。けれども、厳選されたわずかな本だけを身の回りに置く生活は、とても豊かで確かなもののように思える。


 紀田順一郎氏は、年齢からくる状況の変化で、3万冊の本を処分したという。


 ぼくにとって、本当に必要な本はどれだろう。


 『蔵書一代』のカバーに描かれた本の絵は、端からぱらぱらと崩れ落ちている。地味な色合いは、古くなった本のようだ。やがて、本はこうして消えていくのだと、暗示しているのか。カバーを取って表紙を見ると、格子状の太い線が目眩を起こさせる。本の行く末を考えクラクラする。


 装丁は安藤紫野氏。


[PR]
by robinsonfactory | 2018-04-15 12:04 | Comments(0)
   

フリーランスのデザイナー 仕事の合間
by robinsonfactory
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
> 外部リンク
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧