<   2011年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧
テリー・ビッスン
 テリー・ビッスン「平ら山を越えて」を手に取ったのは、6年前に読んだ「ふたりジャネット」が面白かったからだ。9つの短編のどれもが、いまだに頭のなかで色あせない。それに比べると、今回は意外性が薄い。
 この2冊が含まれる奇想コレクションは、コズフィッシュによる装丁で、松尾たいこ氏のイラストがカバーに使われている。鮮やかな色使いで、一度目にしたら忘れられない。タイトルの文字は、その中に絶妙なバランスで組み込まれている。少し遠目からだと、タイトルが見えにくいのだが、イラストが損なわれることなく使われているので、本そのもののインパクトは強い。背も同じで、瞬時にタイトルをつかむのが難しい。しかし本棚の中で強い存在感を放っている。
[PR]
by robinsonfactory | 2011-05-11 22:54 | | Comments(0)
   

フリーランスのデザイナー 仕事の合間
by robinsonfactory
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
卵を産めない郭公
at 2018-02-23 18:37
剃髪式
at 2018-02-08 19:43
東の果て、夜へ
at 2018-01-29 20:33
天国の南
at 2018-01-19 20:18
ストーナー
at 2017-12-23 10:20
> 外部リンク
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧