<   2011年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ネザーランド
 ジョゼフ・オニール「ネザーランド」の帯は、つい外してみたくなる。
 表紙に描かれた、ハドソン川越しに眺めるニューヨーク、マンハッタンの遠景が、この本を手に取るきっかけとなった。装画はクサナギシンペイ氏。装丁はハヤカワ・デザイン。
 表紙の半分以上が薄曇りの空で、タイトルがその低い位置に、細い明朝で慎ましく入っている。希望を言うならば、日本語のタイトルを取ってしまって、緑の川に小さく入っている英語のタイトルだけでもいい。商品として難しいだろうが。
 街を遠くから眺めるというのは、作中のオランダ人の心を表しているようだ。ニューヨークに完全には馴染めない、妻との間がうまくいっていない、不安定な感じ。
 さまざまな記憶が錯綜して語られ、前後関係を一瞬見失う。そういう空気感が、表紙と一体になっている。
[PR]
by robinsonfactory | 2011-11-17 13:05 | | Comments(0)
ぼくの伯父さんの休暇(本)
 「ぼくの伯父さんの休暇」(リブロポート)を近所の古書店で買ったのは1か月前のこと。箱入りの本で、中から出すと、一瞬フランス語の本かと見間違うような表紙。装丁は茂木隆行氏。
 ほぼ毎ぺージに挿絵が入っている。ピエール・エテックスのこの絵を見ているだけでも楽しい。
 アマゾンで調べると、この本の後にアノニマスタジオから、青と白のたてストライプの表紙のものが作られたことがわかった。さらに中公文庫からも出ている。
 そしてこの本は、映画「ぼくの伯父さんの休暇」のノベライズだということを知った。
 映画の感想をネットで見てみると、なんだかとってもおもしろそうだ。それならば、本を読む前に映画を見るべきだろう。
 DVDを探す。
 新品14800円。
 高い。
 中古でも6000円くらいからだ。
 高いな。
 どうしようか。
[PR]
by robinsonfactory | 2011-11-10 12:32 | | Comments(0)
   

フリーランスのデザイナー 仕事の合間
by robinsonfactory
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
> 外部リンク
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧