<   2013年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
急ぎのメール
 外出中に、「急ぎです! 昼までに修正をお願いします!」というメールが届いているのを、帰宅してから知って驚いた。
 昼をだいぶ過ぎている。
 携帯に連絡はなかったし、留守電にもメッセージはない。
 これ、本当に急ぎなんだろうか。

 「早くしてください!」
 「何時にできますか?」

 その後、同じ人から立て続けにメールがきていた。
 電話をくれれば、もう少し早く帰って対応できたのに。
 せめて前日に連絡をもらい、スケジュールの話し合いをしていれば、お互いにもっと効率よく動けたはずなのに。

 ずいぶん古い話だ。
 でも、電話は通じていた頃のことだ。
[PR]
by robinsonfactory | 2013-03-22 06:40 | Comments(0)
ミナの物語
 デイヴィッド・アーモンドの日本語訳は、東京創元社と河出書房新社から出版されている。
 どちらも四六版ながら、並製と上製なので、別の作家の本のようだ。
 東京創元社の装丁は柳川貴代氏、河出書房新社は大久保伸子氏と清水恵氏の2人が装丁をしているが、挿画はすべて丹地陽子氏。
 それぞれの出版社が、デイヴィッド・アーモンドの世界を、異なる方法で形にしている。どちらも、伝えにくい小説の雰囲気をうまく表していて、表紙をちらりと見るだけで、デイヴィッド・アーモンドの本だとわかる気がする。
 「ミナの物語」は東京創元社の本で、タイトル周りは既刊の本と統一されているのだが、全体の様子が少し違う。
 読み始めると、服装どころか、性格まで変わってしまった人のようにとっつきにくさがある。
 けれども、読み終えてみると、底流に流れる悲しみが、デイヴィッド・アーモンドだったと気づく。
[PR]
by robinsonfactory | 2013-03-01 20:27 | | Comments(0)
   

フリーランスのデザイナー 仕事の合間
by robinsonfactory
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
卵を産めない郭公
at 2018-02-23 18:37
剃髪式
at 2018-02-08 19:43
東の果て、夜へ
at 2018-01-29 20:33
天国の南
at 2018-01-19 20:18
ストーナー
at 2017-12-23 10:20
> 外部リンク
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧