<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
インパラの朝
 本棚の中で4年眠っていた本は、開くと、紙の四囲がうっすら黄色に変色していた。
 もともと経年変化が顕著な紙だろうから、版元はこうなることを想定していただろう。
 やや古くさくなったように見える本文用紙は、著者の2年間に及ぶ旅の疲れや汚れを象徴しているようにも見える。
 しかし、表紙は変色することなく、写真の真ん中に配置されたまっ白な明朝のタイトル、まっ白な角背の中央にスミ文字と、極めて凛々しい。著者の真っすぐな姿勢と重なってくる。
 「インパラの朝」(中村安希著)。
 装丁は鈴木成一デザイン室。
[PR]
by robinsonfactory | 2014-03-18 19:54 | | Comments(0)
日本語の作法
 「先生、その話まえにも聞きました」
 無邪気にそんなことが言えるのは、子どものときだけだろう。
 大人になり、カルチャースクールで詩吟を習っているとする。齢八十の先生は優しいおじいちゃんで、話も面白い。でも、何度も同じ話題が出てきて、そのことを先生自身は気づいていない様子。
 受講生たちはみな大人なので、初めて聞くようなふりをしてあげる。

 「日本語の作法」(外山滋比古著)を読んでいると、そんな気分になる。

 装丁と本文組の柔らかさは、なんとも心地いい。
 中見出しの文字も、ひとつひとつ加工してある。既存のフォントをいじっているようだけど、ときおり手書きのようにも見える。
 しかし、いまはデザインの変わってしまった文庫本しかないようで、ちょっと残念。
 デザインはchutte。 
[PR]
by robinsonfactory | 2014-03-01 16:35 | | Comments(0)
   

フリーランスのデザイナー 仕事の合間
by robinsonfactory
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
卵を産めない郭公
at 2018-02-23 18:37
剃髪式
at 2018-02-08 19:43
東の果て、夜へ
at 2018-01-29 20:33
天国の南
at 2018-01-19 20:18
ストーナー
at 2017-12-23 10:20
> 外部リンク
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧