<   2016年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
1859年の潜水艇

 「1859年の潜水艇」(マシュー・スチュワート著)は、目次や扉など細かい部分まで丁寧な作り。版元は、なくなってしまったソニー・マガジンズ。雑誌を発行していた出版社らしいと思う。

 海に沈んでいくときに浮かぶ空気の泡のイメージでタイトルは球体状。表紙の上3分の1には、古い図版が、まるで変色したかのような茶色で入っていて、その下のベージュとの対比もきれい。

 150年前にスペインで作られた潜水艇と、その開発者の話。最初は軍事目的ではなく、珊瑚を採るために作ろうとしたという。牧歌的、だけど実は本格的。しかし、できあがりのイメージがあるのに、当時の技術が追いついていかないのがもどかしい。

 もどかしさでいえば、題材は魅力的なのに、あまり夢中になって読めないのはなぜだろう。ジャケ買いして、ながく書棚で眠っていたものを大事に読み始めたのに、それはないよ、と思うし、そんなものだとも思う。

 デザインはヤマシタツトム氏。


[PR]
by robinsonfactory | 2016-02-20 16:50 | | Comments(0)
奇跡の時代

 本を手にしたときの最初の期待感が、読み進めるうちに少しずつ薄れてしまうこともある。

 あれ? 思っていたのと違う、こんな話なのか?

「奇跡の時代」(カレン・トンプソン・ウォーカー著)は、表紙周辺のすべての要素がうまくかみ合って、最高に楽しい時間に包まれそうな予感に満ちている。

 クリーム色の帯には、薄いブルーの文字。

 「異変が起きています、と専門家たちは言った。地球の自転が減速しています、と。」

 そして小さく「映画化決定!」。さりげなく、たいしたことではないのよという感じで。

 表紙のイラストは、アメリカのやや大きな家。庭の芝生にホースで水をまく女性。日常生活の一場面。

 穏やかで平和そう。 

 地球がどうしたって? SF小説なのか? 

 帯の言葉とそぐわない感じが、読みたいという気持ちを大きくさせる。


 この小説を気に入るかどうかは、好みの違い。

 10代の女の子の視点で異常事態を語るのは、意図して読者に伝えない情報があるということ。

 想像していくと、じわりと怖い。

 ただ、もう少し上手に書くこともできたのではないかとも感じる。


 装丁は國枝達也氏、装画はクサナギシンペイ氏。


[PR]
by robinsonfactory | 2016-02-05 18:11 | | Comments(0)
   

フリーランスのデザイナー 仕事の合間
by robinsonfactory
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
蔵書一代
at 2018-04-15 12:04
オンブレ
at 2018-04-08 10:13
飛田ホテル
at 2018-03-27 18:24
異形の愛
at 2018-03-26 22:47
卵を産めない郭公
at 2018-02-23 18:37
> 外部リンク
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧