<   2016年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧
グローバライズ

 とんでもない作家だ。

 長々とした口上、一見支離滅裂な台詞、漢字だらけの文章、それらを、言葉のひとつひとつを丹念に読ませてしまう迫力、技量。一歩先に、突然広がる巨大な落とし穴。胸が悪くなるような世界。

 木下古栗「グローバライズ」。12の短編集。

 最初の一編を読んでからは、期待なのか警戒心なのかわからないが、一行一行をどきどきしながら慎重に踏みしめた。


 この凄さ、本の顔からは窺い知れない。どちらかというと端正だ。

 カバーに使われている絵は、全体なのか部分なのか、何が描かれているのかもつかめない。両端に似たような図柄が見えるので、カバーを外して丸め、絵をくっつけてみた。なんだろう、これはあいだが抜けているのか?

 途轍もない小説と、謎の絵。


 デザインは鈴木成一デザイン室。装画は、岡本裕希子氏。


[PR]
by robinsonfactory | 2016-04-10 13:20 | | Comments(0)
   

フリーランスのデザイナー 仕事の合間
by robinsonfactory
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
蔵書一代
at 2018-04-15 12:04
オンブレ
at 2018-04-08 10:13
飛田ホテル
at 2018-03-27 18:24
異形の愛
at 2018-03-26 22:47
卵を産めない郭公
at 2018-02-23 18:37
> 外部リンク
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧