<   2018年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
蔵書一代

『蔵書一代』(紀田順一郎)

 昭和の初期に造られたと思われる、木製の書棚を所有している。古道具屋で購入したもので、棚を固定するための楔がアクセントになっていて、壁際にポツンとあるだけで、部屋の印象が引き締まる。

 この本棚が最初に置かれた場所は、きっと和室の畳の上だろう。腰高の小さなものなので、四畳半かもしれない。隣には文机が似合う。

 4段すべてに本を詰めても、100冊程度しか収納できない。たった100冊。けれども、厳選されたわずかな本だけを身の回りに置く生活は、とても豊かで確かなもののように思える。


 紀田順一郎氏は、年齢からくる状況の変化で、3万冊の本を処分したという。


 ぼくにとって、本当に必要な本はどれだろう。


 『蔵書一代』のカバーに描かれた本の絵は、端からぱらぱらと崩れ落ちている。地味な色合いは、古くなった本のようだ。やがて、本はこうして消えていくのだと、暗示しているのか。カバーを取って表紙を見ると、格子状の太い線が目眩を起こさせる。本の行く末を考えクラクラする。


 装丁は安藤紫野氏。


[PR]
by robinsonfactory | 2018-04-15 12:04 | Comments(0)
オンブレ

『オンブレ』(エルモア・レナード)

 最初に読んだレナードの本は「グリッツ」で、何十年も前のことだ。その当時は、まだレナードの文庫本が何冊も書店に並んでいたから、次の1冊を手にするのが楽しみだった。

 いつの間にかレナードの本を見かけなくなり、古書店で探しても、持っている本ばかりで、人生の楽しみがひとつ消えていくのを感じていた。

 昨年末『ラブラバ』の新訳で出たけれど、すでに旧訳の方を読んでいたので、気持ちの高ぶりはなかった。

 ところが、このたび。

 本当の新刊だ。村上春樹訳、なんと西部小説。

 期待していたものと少し違ったが、先が見えなくて面白い。どちらかというと、併録された「三時十分発ユマ行き」の方が、ぼくはレナードらしさを感じた。「本人も知らなかったが、実はすごい男」という人物と、それを間近で見て驚く悪党との微妙な関係の変化が、わくわくする物語の始まりを予感させるのだが、とっても短い話で、渇望感が増してしまった。

 エルモア・レナードの本が、これからも訳され続けることを、星に願う。


[PR]
by robinsonfactory | 2018-04-08 10:13 | Comments(0)
   

フリーランスのデザイナー 仕事の合間
by robinsonfactory
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
蔵書一代
at 2018-04-15 12:04
オンブレ
at 2018-04-08 10:13
飛田ホテル
at 2018-03-27 18:24
異形の愛
at 2018-03-26 22:47
卵を産めない郭公
at 2018-02-23 18:37
> 外部リンク
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧