人気ブログランキング |
<   2018年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
アイリーンはもういない

『アイリーンはもういない』(オテッサ・モシュフェグ)

 愛される人がいる。泣いても怒っても、失敗しても許されてしまう人。

 一方で、誰からも気にされない人もいる。たぶん、こっちの方が多い。


 アイリーンは気にされない。いてもいなくてもわからない。

 本人はそう思っている。

 そんな彼女の前に、愛される同僚が現れる。奇妙なことに、アイリーンを気にかける。

 

 悪意に満ちた世界。

 アイリーンはそう感じている。だから、読んでいて気が抜けない。同僚の真意はなんだろう。


 老齢になったアイリーンが、若いときのことを語る形になっている。

 その年まで、彼女は無事なのだ。

 さまざな経験を重ね、冷静に若い自分を見つめている。

 でも、どうやって嫌悪している自分から抜け出したのだろう。


 肝心なところは語られない。

 いまいる場所から逃げ出せば、すべてが一新されると言っているようにも読める。 

 どこにいても、自分自身が変わらなければ、周りも変わらない。

 年をとる過程で、アイリーンはそのことに気づいたのだろうか。


by robinsonfactory | 2018-06-15 18:44 | | Comments(0)
地下鉄道

『地下鉄道』(コルソン・ホワイトヘッド)

 最初に見たのは、雑誌の記事。著者のインタビューとともに、本の写真が掲載されていた。まだ翻訳本が出る前だったと思う。オリジナルの英語の本は、鮮やかで、とても印象的な表紙だった。

 それから間もなく、書店でほぼ同じデザインの翻訳本を見つけた。

 布に印刷したようなムラのある朱色。白で縁取りされたトンネルの中に線路が描かれている。タイトルから地下鉄だとわかるが、どこにも車両はない。迷路のように見える線路の途中に、逃げる黒人女性のイラスト。離れた場所にマスケット銃を抱えた男。トンネルの先端にスコップ。これだけで物語のアウトラインが見える。

 奴隷制という残酷な史実に、大胆な空想を織り交ぜた、ハラハラする娯楽小説。人種問題がからんでくると、単純に楽しんでいいのかと踏みとどまる気持ちがよぎるが、深く考えずに小説の世界に浸った方がいいのだろう。表紙を眺めていると、ボードゲームに見えてくるし、ストーリーには「ふりだしに戻る」ような展開もあるのだから。

 オリジナルのデザインはOliver Munday。


by robinsonfactory | 2018-06-06 18:40 | | Comments(0)
   

フリーランスのデザイナー 仕事の合間
by robinsonfactory
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
北氷洋
at 2018-12-05 17:06
橋の上の天使
at 2018-11-02 19:05
日が沈むのを
at 2018-10-23 18:56
旅路
at 2018-10-13 22:38
接触
at 2018-10-01 22:33
> 外部リンク
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧