流刑の街
 チャック・ホーガンの新刊「流刑の街」は、表紙も好きな本だ。
 背景にボストンの街並を上空から撮った写真が使われ、書名が左右いっぱいの幅で入っている。薄く写真が透ける文字で、大きさの割には目立ちすぎず、むしろ白く抜いた著者名の方が、小さいにもかかわらず目に入ってくる。全体にスキのないバランスで、格好いい。
 鈴木成一デザイン室の装丁だが、プラスして草苅さんという人の名前が奥付に入っている。
 時々、●○+▲△という2人並んだクレジットを見かけるが、こういう時の仕事の分担はどうなっているのだろう。
 この本では、草苅さんが写真の加工でもしたのだろうか。
[PR]
# by robinsonfactory | 2011-03-30 17:33 | | Comments(0)
届けられた本
 装丁をした本が完成し、編集者から見本が送られてきた。地震の後、最初に手にする自分が関わった本だ。
 この本のデータを納めたのは3週間ちかく前のこと。ぼくの元を離れてから、出版社、印刷、製本、運送会社と様々な人の手を経てできあがったもの。地震による直接の被害は少なかったとしても、電車が止まり、停電になり、それでも出社し仕事を続けてきた人たちの成果だ。
[PR]
# by robinsonfactory | 2011-03-19 11:30 | Comments(0)
警戒
 170センチほどの高さがある書類棚と天井の間に、突っ張り棒を入れた。かなりの重量があるので倒れることはないと思っていたけれど、想像力の及ばないことが起こるかもしれない。
[PR]
# by robinsonfactory | 2011-03-17 14:59 | Comments(0)
髪を切りに
 仕事の合間に、髪を切ってきた。
 歩いて20分ほどの理容店。冷たい空気にさらされたので、暖められた店に入ると大歓迎を受けたような気分になった。平日の午前、幸い先客はいない。

[PR]
# by robinsonfactory | 2011-03-10 14:45 | Comments(0)
   

フリーランスのデザイナー 仕事の合間
by robinsonfactory
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> 最新の記事
卵を産めない郭公
at 2018-02-23 18:37
剃髪式
at 2018-02-08 19:43
東の果て、夜へ
at 2018-01-29 20:33
天国の南
at 2018-01-19 20:18
ストーナー
at 2017-12-23 10:20
> 外部リンク
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧